2009年07月31日

旅の妄想ハプニング話〜地下鉄編1〜

冬旅の時の、ちょっと痛かった??ハプニング話。

ブダペストからフランフルト経由モロッコへのプチ旅からの帰り。

空港からバスで再び地下鉄M3線(ブルー)の終点、Kobanya-Kispest駅に向ったときの事。

すでに1週間滞在パスの期限がきれていたし、
この日の夜には夜行でプラハに向う予定だったので、空港から単独でで切符を購入。

ちなみに空港のバス停留所に質素な切符の自動販売機がありますが、使えるのはコインのみ
しかもちょうど入れないとおつりも出ない模様。

運転手さんからは切符を買えないので販売機か空港内のお店で
小銭を用意するしかありません。

ちょうど小銭があったので、空港〜地下鉄間のバスチケット購入は問題なし。

そして地下鉄駅に到着。

地下鉄の終点から空港に向う側の駅の改札は割りとにぎやかで
キオスクや軽食を売るお店、切符の販売窓口もたしかあったような気がします。

しかし空港から到着した場合、バスが止まるのはいわゆる車庫みたいな所
閑散としていて、駅の改札まで歩道橋のような連絡通路をわたらないといけません。

重いスーツケースを持ち上げながらよっこらしょっと階段を登る。

なんとか駅の反対側のにぎやかな方面に出て切符を買おうとしたら、
階段をのぼった所に小さな販売機。

そして検札のおっさん

ここで切符を買えという。

でも小銭がないというと、おっさんは自分の財布みたいなポーチから切符を出して
お札で払うとちゃんとお釣りもくれました。
切符の額もおつりもちゃんとあっていました。

が・・・・

まずは荷物をバスターミナルで預けようと、
ネプリゲート駅で降りたら、案の定検札の人が数人。

いたって普通に切符を見せたら

なんと、この切符は古い日付で無効だ!

罰金を払え!


いわゆるキセル扱いにされてしまいました。

なんとか半分しか通じていないだろう英語で事情を説明しても、
ダメの一転ばり。

罰金は6000フォリント!!

最後に服でも買おうとおもって手元に残しておいたお金。
日本円で約3000円。こりは痛いですよ。トホホ。

でもここでへんにもめても仕方ない。

古い切符をつかまされて見抜けなかった私が悪いのだ。

結局、パスポートの提示をもとめられ、番号を控えられたあと、罰金支払い。

ちゃんと罰金のレシートはくれました(笑)


今おもうと、あの地下鉄駅のおっさんそのものが検札と称してニセモノだったのか、
まさかネプリゲート駅の係りの人達とグルではないと思うけど、
パスの場合はいたって簡単な検札だったのに、
この時に限ってすごく丁寧に切符をチェックしていたから、
そうゆうケースが多いのかどうなのかね。

ちなみに、パス類は非常に小さく、そのままだと紛失しやすいので、
クビからさげる名刺ケースとか遊園地の1DAYパスとかのケースがあると便利かも。



あと、もうひとつ地下鉄にまつわる笑い話があります。

その時はかなり必死でどうしようとおもったよ!!

またつづきは後日〜


posted by クッキー at 17:55| Comment(0) | 旅のつれづれ〜妄想の記憶〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月末の妄想皮算用

本日ほぼ業務終了につき、月末出血更新大サービス(爆)

毎年7月に長めの休みをとっているので、
世間一般がいわゆる「夏休み」をとるこれからの時期、
私の夏はすでに終わっています(笑)

毎年8月のお盆の時期は会社の夏休み。
いつものとおり13日から15日までかなと思って聞いてみたら。

今年は12日から休みでいいよ!

GWの連休といい、気分で会社の休業日を決められてしまうのは・・・

休みが増える出勤日数が減る給料が減る嬉しくない!!

という妄想比例のできあがり。

と同時に、再び添乗指令。(まだ確定ではないが)

次は9月に韓国・済州島

スケジュールは念のためあけておいてといわれる。
仮に韓国に行ったら、帰国日に夜勤。その後1日おいて京都です。

ああ、これでまた臨時収入ゲット!>
(実際妄想土産購入で消えそうだけど)

とおもいきや・・・

8月の夜勤は全週出勤で、しかも会社が休みだから
夕方5時から出勤して、翌日は何時まで労働できるか

自分の体力の限界に挑戦!!


と思っていたら。

なんと、こちらも2週連続で夏休みざますよ。

臨時収入のかすかな期待と、臨時休業でかなしみの収入源

本来の仕事で得るもの以外の収入は、やっぱり天下のまわりもの。
あまり皮算用しすぎないようにしましょう。

で、妄想3つめの仕事を休み間に追加でがっつりいれようと思ったけど、
やっぱり体調管理も大事だから、素直に休むとします。
きっと休めっていってるんだよね。
それでも土日はがんばって、三○巾ばばあ〜に変身よ(爆)




と、書いている途中で保険の営業の方が説明に来た。
将来にそなえての保障をちょっと見直しです。
契約年齢を一回りも下で設定してきてくれたけど、
最近老け具合がなにげに早くなってるきがします。トホホ。


さて。夏休みは終わったといいつつ、


明日から山中湖の花火大会を見にプチドライブ旅行。

私は不在ですが、わが屋の屋上では妄想焼肉花火大会鑑賞イベント!

今年はいとこやら姪っ子の友達やら、総勢15名以上になりそうです。




たまや〜

埼玉も山梨も晴れるといいね!!


雨マークよ。どっかいってくれ!!




posted by クッキー at 16:05| Comment(0) | 風に吹かれて独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の妄想ホテル〜ブダペスト編2〜

ブダペストのホテルの続き

ホテルの部屋は全部で3フロア。私は3階の部屋に滞在しました。
ちなみにエレベーターはありませんので、荷物の持ち運びには一苦労(笑)
家族経営の小さなホテルなでポーターさんなどもおりません。

部屋にはそれぞれテレビやシャワー、トイレがあります。
アメニティは石けんくらいだったかな?
お湯はちゃんとでました。冬に低温シャワーはかなりきついもんね!

そしてそれぞれのフロアにゆったりとしたパブリックスペースが。

そこにもテレビと、共同でつかえる冷蔵庫がおいてありました。

ちなみに私が泊まった1月はかなりの寒さだったので、
買ってきたペットボトル飲料は窓の外にだして自然冷蔵(笑)

そしてこのパブリックスペースが、またまた個性的。

timon4.jpg

こちらは私の部屋のあるフロア。
クッションにはゼブラ柄が使われていて、シックなイメージ。
壁にもゼブラ柄の幾何学模様の絵などがかざってありました。

timon6.jpg

まどにはこんなかわいい置物やランプが。
太陽の光の入る具合でいろんな表情を見せてくれました。

timon7.jpg

こんなかわいい傘の置物
もって帰れるものなら欲しい!

そして私のとまった一つ上の階(だったと思う・・・)

timon5.jpg

これまたがらりと変わって、どちらかというと春〜夏のイメージ。
とっても開放的な感じです。

timon8.jpg


ちょ〜かわいい!!

おもわずパチリ。これはゴミ箱です。



timon3.jpg

こちらも太陽の日差しがほどよく空間を演出。



ああ〜。文章を書いていたらまた行きたくなってしまったよ。

今度の冬旅は結局ヨーロッパストップオーバーは
なしになりそうなので、また来年の冬に行けるよう妄想しよう。

少し間隔をおいて訪ねた方が新鮮な感じがするし、
常に「行きたい場所」「行って落ち着く場所」があるって事が自分には大事。

なぜかブダペストは、歴史とか文化とか全然詳しくないし。
興味も特別、前からもっていた訳ではないのだけど、
なぜか落ち着く場所であり、普通感覚で歩ける場所なのです。





前世の記憶か、妄想が作り出した幻影なのかわからないけど

とある橋の上をバラの花を沢山抱えて歩く自分。
今の容姿と全然違うけど、それは確かに自分。

橋の上からそっと花を一輪川の流れに向って落としました。

多分・・・

それはこのブダペストか、プラハを流れるあの川だと

私は勝手に思うのです。





さて。次はプラハのお話でもしようかな。

冬旅の妄想日記がおわらぬうちに夏がやってきてしまいました。
これからの5ヶ月間もあっという間だろうなあ。
それでも、誰かを待つ時間はたった1時間でも長く感じるのよね。
時間って不思議だよね・・・





posted by クッキー at 13:43| Comment(2) | 旅のつれづれ〜妄想の記憶〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の妄想ホテル〜ブダペスト編1〜

写真をファイルにアップしておきながら
2ヶ月以上そのままになっていた冬の妄想旅日記

忘れた頃に再び更新です(笑)

1月の冬旅はブダペストをメインに滞在しました。
そこで泊まったプチホテル「Timon」

地下鉄M3(南北線)の空港側終点Kobanya-Kispest駅の
一つ手前の駅から更にトラムに乗り換えます。

地下鉄M3線は、ネプリゲートバスターミナルや空港、
そしてアルパードなどの郊外へ出むくのに便利な路線。
地下鉄のカラーはブルーです。通勤列車みたいなイメージです。

ちなみに、M1線は黄色で、メイン通りのアンドラーシ通りの真下を走る、
車両も駅も一番キレイでかわいく、乗っていて楽しい路線♪

それからM2号線。こちらのカラーは赤。あの一番美しいマックのある西駅や
ブダ側へのアクセス駅であるモスクワ広場をつないでいます。

地下鉄の路線図も色分けされているのでとてもわかりやすいです。
全ての駅は中心部のデアーク広場駅で接続しています。

私は滞在中は地下鉄やバス、トラムなどが乗り放題の1週間のパスを
使いました。

改札は自動ではなく基本的に無人。下車時の回収もありません。
しかし、だいたいの駅ではかならず改札付近に検札の人が数人いて、
切符のチェックするので、パスや地下鉄の切符はきちんと購入しましょう。

実はわたくし、これでちと痛い目に遭いました。
(このお話はまた。。。)
 

さて。このお宿は格安ホテルのサイトで、値段第一で探した宿。
1泊あたり朝食付き・シングル3,900円
(あとから2,900円まで下がっていたときには、ちとがっくりでしたが・・・)

どちらかというと空港に近いエリアで、街の中心部にでるまでにトラムで約15分。
さらに地下鉄で20分以上かかりましたが、
この適度な距離感が、まるで自分の家から町へ出かける感覚でよかったです。

timon2.jpg

ちょうどクリスマスの時期だったので、建物の外壁になんとサンタさん!

幹線道路に面した一軒宿です。

timon1.jpg

玄関はこんな感じ。
到着したときは夜10時近くだったのですが、
ひ〜!!ドアが閉まっている!
しかもドアの呼び鈴の場所がわからず、右往左往。
中をのぞいてみたが、電気は消されて、人気がまったくなし
外はちらほら雪。
空港からのミニバスは私を下ろしたらさっさと行ってしまう。

どうしよう・・・

とりあえずドンドンドアをたたいていたら、おじさんがやっとドアを開けてくれました。

呼び鈴はクリスマスツリーの後ろにすっかり隠れていました。

timon10.jpg


部屋はこんな感じ。縦に長い感じの部屋。
建物は4階建てです。天井はあまり高くありません。
多分「中2階建て」の様式?(わかりにくい説明ですが)なんだとおもいます。
その分ベットの高さが低いのでちょうどよいバランス。
3ベッドの部屋に一人だったので、広々と使えました。
オレンジ〜赤系に統一されたシンプルなインテリア。

そして壁にはエリザベートのポスターが!!

窓の向こうは普通に農家なお家やお庭。
ジャムよりはるかにでかいと思われるオオカミみたいな犬がいました。

ホテルの朝食風景は前の日記の朝ごはん編の通り。

夜は街中のオペラ座近くのリーズナブルな中華レストランや、
ちょうどクリスマス市が開催されていたので、そこの屋台でソーセージなどを食べたりしました。
あとは地下鉄駅構内のキヨスクでサンドを買ったり。

ホテルの付近はガソリンスタンドや小さな飲み屋さん程度
しかないので、食事は街で済ませた方が確実かも。



地下鉄の駅を降りると、目の前が50番のトラムの始発駅になっています。
そしてトラムの駅はホテルの目の前。徒歩30秒!!

timon9.jpg

ちなみにトラムは黄色です。

ホテルの前の停留所の看板。
トラムは各駅停車で、一駅の区間は全然あるける距離なので、
お気に入りの場所がみつかったら、ふらっと下りてみるものいいかも!

このあたりは完全に普通の生活居住区って感じ。
いかにも観光客な感じの人はほとんど乗っていません。
しかも停留所のつづりや名前はまず覚えられない!!
私はまず最初に乗車したときに、車窓からじっと町のながれや
目印になる建物を覚えて、だいたいの位置を把握
します。
慣れてくるともう感覚で「あっつ。そろそろだな。」って下りる準備。

まあ乗り過ごしても歩けるので気が楽だけど。

metro.jpg



地下鉄駅のそばには小さな飲食関連のお店や果物屋さん。
また近くにはEUROCITYという、いわゆる郊外型の巨大ショッピングモールがどーんとあります。

ここにはKFCやマックなどのファーストフードやレコード関係
スポーツ用品などのブランドがぎっしりのようなので、
時間があればのぞいてみるのも楽しそう。



町の中心部はとてもクラシカルなイメージですが、
ちょっと離れるとそこには普通のハンガリーの人々の生活エリアが広がっています。



その2へ続く〜
posted by クッキー at 12:03| Comment(0) | 旅のつれづれ〜妄想の記憶〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

深い緑とダブルレインボー

久々のフレディ

緑の葉っぱたち。今年はいつになく密度が濃い感じです。

0727fredy1.jpg

深いみどりたちのグラデーション


たくさんの葉っぱたちの中にちょっと淡い色の緑があったり

そんな葉っぱは太陽の光をあびてひときわ輝いてみえます

0727fredy.jpg



そして出勤すると、久々に国内の添乗指令がだされました。

行き先は・・・・

京都!!


二ヶ月連続の京都。そしてここでゲットするお手当てを
9月の旅のおこずかいに当てられます(笑)

旅の経費としてのお金が手元から離れても、
旅の資金となるお金がなんらかの形で手元にやってくる。
やっぱりお金というエネルギーは循環しているのですね。


そして帰り道。地元の駅でおりたら

おお〜

!!

reinnbo.jpg

ホームからおもわずパチリ

そして駅を出て駐輪場へ向かう視線の先には虹色の空のかたまりが!!

歩いていく方向の先に虹色の空。なんて素敵なんでしょう!


毎日わたっている小さな橋の坂道の途中でみた、夕焼けの空の雲。
グレーとオレンジにそまり、それはそれは幻想的な風景でした。

この時間そこにいたからこそ見られる瞬間。

いつも仕事の間はビルの部屋の中にいて、
たとえ外が大雨であっても気がつかないことがおおい毎日。


なんの予定もなくまっすぐ帰る日だけど幸せを感じる時間。


今日もありがとう!!


こんな光景に出会うと、やっぱり毎日の日々は「旅」だと思う。



じゃむのしっぽ

sippo.jpg


丸刈りですっきりのジャム君ですが

しっぽ先だけこんなにふさふさ

これでトイレ掃除したらきれいになりそ??


きのうはフリマから戻ったあとに母親がジャムにホースでみずかけ。

結構きもちよさそうにしていました。

ああ、車が運転できてジャムもおとなしく乗ってくれたら

海とか高原とか、だたっぴろいところにつれていって

一緒に走ったりしてみたいなあ〜


farao.jpg

2009年07月26日

旅の妄想すると行動は早い

今日はいつもの会場で、友の会で夏のフリマ参戦!

やっぱりこの猛暑の中昼間から出歩く人は少ないよね。
出展ブースの数もいつもより少なく、売り上げもイマイチ。
それでも安○亭のワンコインランチ代にはなった(笑)

お暑い中お買い上げくださいました皆様。ありがとうございました!



さて。

モロッコから戻ってまだ1週間もたってないけど、
次なる妄想の実現に向かってアクション。

思い立ったら行動ははやい。

2年ぶりに京都に行ってみようかなと妄想したら、徐々にひろがり・・・

♪♪秋の妄想セルフ特別企画

涼秋の京都・大阪のべ4日間の旅♪♪


が決定いたしやした(爆)

せっかく京都に行くなら現地で1泊くらいしたい

そして京都まで行くなら大阪まで足を伸ばしたい

さらに大阪まで行くならヅカ関係の公演を本拠地関西でみたい!!


という妄想をしたところ・・・


旅の間に東京公演はチケット完売となっていた



宝塚元星組トップスター 安蘭けい 退団後初主演作

「The Musical AIDA」〜宝塚歌劇「王家に捧げる歌」より〜

@梅田芸術劇場



http://www.umegei.com/m2009/aida.html


フリマしながら発売時間に狙いを定め、見事チケットゲット!!

夜行バスも宿泊先も予約OK

ツアー代金 合計¥18,500なり〜 

(現地1泊・往復夜行バス・公演チケット代含む)



そしてそして、大阪とくればやっぱりあなた。

御み・堂どう・筋すじ

現地に赴き、秋の一大イベントの妄想にさらに火をつけてまいります。





そして5ヵ月後に狙いを定めた冬旅もさっさとチケットゲット。


各航空会社の正規割引運賃(いわゆる格安チケット)のお正月商戦はすでにはじまっています。
日程の組み方が一日変わるだけで、かなりの差がでてしまう料金期間。
ちなみにロンドン、パリなどは、すでにヤ○ートラベルなどのネットで表示されている、
一番最安値の席はクリスマス前後〜来年の連休明けあたりまですでに満席状態みたい。

実際にはそれより1ランク上の価格帯になってしまいました。
そういえば去年もそれであわてて予約したんだった。

しかも10月以降、日系の2社は燃油サーチャージの再度の値上げ
を予告しているので、予約発券は今のうちに。

いったい航空券代どこからだすの?って感じですが、
次は花の都パリを経由♪(結局経由だけでおわりそうだけど)






posted by クッキー at 20:02| Comment(4) | 風に吹かれて独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

帰国後の妄想話(長いよ)

さて。妄想のモロッコから戻りました。

出発からハプニング連続でしたが普通に行って普通に帰ってきた感じです。
ほんとうに「ちょっくら行ってきます」感覚。
そして日本に戻る時も「ちょっくら稼ぎにいってくるから待っててね!」感覚(爆)

正直私が「旦那」状態ですわ。

前回はたった3日間の滞在だったから、今回がほぼ初めてにあたるモロッコ。
でも「モロッコ」に行ったという実感はほとんどなくて、いわゆる観光はほどんどせず
彦星ファミリーやお友達とピクニックやプールなどを普通に楽しみました。
たしかに私たちとってのこの日々は「特別な日々」だったけど、
「たった10日しかないから」と常にいい顔を見せようとか、
変に頭を働かせることなく、いつものとおりお互い喜怒哀楽を出し合って。
そこには時間や風景が自然に普通に流れていました。

お互い沢山泣いたし、沢山むかついたりもしたけど、何より沢山笑った!!





そして帰国の翌日から普通にさくさく仕事。
微妙な時差ぼけのハイテンションもともない?夜勤も普通にさくさくこなし。
(さすがに朝まではきついと思い、午前2時で早退しましたが)

夜勤の仕事に気功の先生をしている人がいて、
ちょっと手に気をあててもらったら「あなたすごく元気ね」って言われた。
「ちょっと胃の調子も悪そうね」(図星)と言われたけど、
きっと見えないところでパワーを頂いてきたのかな?




旅の情報などはまったくお伝えできませんが、プチハプニング笑い話

★そのいち★

羽田空港で関西空港行きの国内線がオーバーブッキングで
搭乗時刻の10分前でも席の確保できず。

やむをえず私を含めて5名が、次の便に振替ることを承諾。
それでも便が満席で、結局搭乗券(羽田でカサブランカまでの搭乗券をもらえます)
を受け取ったのは保安検査通過時間ぎりぎりの15分前でした。
一時は国際線にも乗れないかとびびったよ!
でもお陰で思わぬおこずかいゲットしちゃった♪
一応羽田からの国際線のりつぎは30分前でOKですが、こうしたこともあるし、
窓口はかなり混雑するので早めのアクションに越したことはないですね。


ちなみに心配していた新型インフルエンザですが、飛行機の中で
マスクしていたらキャビンアテンダントの兄ちゃんに逆に不審がられました。
カサブランカ入国審査の際に、なぜかアジア系は??審査手前の警察が待機している所までもどり、
そこでスタンプを押してもらい、再度入国審査窓口でスタンプを見せて入国。


★そのに★

前回も待っている場所が微妙にずれていて、なかなか会えなかったので、
今回は間違えないようにカサブランカの空港のカフェで待ち合わせしていたのに。

久々の再会にどんなシチュエーションになるのかな?と妄想していたのに。

到着後すぐに届いたメールは・・・

ちょっと待ち合わせにおくれるけど、

代わりに友達のハキームが迎えに行くから心配しないで!


途中のドバイから電話したとき酔っ払ってたから「寝坊しないでよ」
とくぎをさしておいたけど。案の定寝坊したらしい。

ってか・・・ハキームって誰だよ!!

まさか、あの、あの ハキーム様!?

(な、訳ないよな・・・)

たまたま休暇でカサブランカに滞在していたルームメイトのハキーム君。
私の普段の容姿や当日の服の色などをこまかに事前リサーチ受けていたおかげで、
彼の方から、カフェから離れた場所で、遅れる、遅れるのメールに
むかつき、完全にふてくされていた私を見つけてくれた。

しかも彼との連絡やカフェのお茶や移動も一緒につきあってくれて、
予定よりも3時間遅れで乗換の小さな駅でなんとか彦星君と合流できました。

そしてそこからマラケッシュまで約3時間半

二等列車満席通路に立ちっぱなしの刑!!

がまっていました(爆)

まさに予想外の展開の再会。


★そのさん★

情報によるとちょうどマラケッシュでフォークロアフェスディバルが開催される模様。
こりは絶対見にいきたい!とリクエストして、
結局連れていったもらった「フェスティバル」は・・・・

ヒップホップフェスティバル?

日本でいうと盆踊り大会なんかで開かれるカラオケ会場そのもの。
素人らしく歌も下手・・・さすがにつまんなくて、フナ広場に移動したけど。

事前に会場をきちんとリサーチしなかった私がわるうございました。

でも確かに私は「フォークロアフェスティバル」と伝えたはずだ!!



★そのよん★

家に戻るとジャム君が〜!!

毎年の夏恒例の丸刈り君です

丸刈り2.jpg


すでに夏ばてらしく?ぐったりのご様子。

jam丸刈り1.jpg



まあ、ざっとこんな感じです。
全然旅行としてのネタじゃないけど(笑)


ちょうど四柱推命でいうと、誕生日から先の10年間は
一生の中で一番満開を迎える時期に入るらしく、
ちょうど帰国の翌日に皆既日食と新月を迎えたこともあるのか、
なんだか、きっといい意味での?手放し感があります。

これから先どうながれていくのかまったく未知ですが、
ステップを少しづつ踏みながら、生活の基盤をこちらと向こうで上手にシェアリングしていけたらって感じです。

同時にそれとは対極の事が生じても、きっと今の自分なら
受入られるかもしれないという自分の中での安定感もあり。




さて、次に向うのは多分五ヵ月後。登山隊はどこまで進めるか。
ヨーロッパにも行きたいので、程よくからめることも妄想中。



さてと、来月から再びバイトばりばり!
これからのこっちでの出稼ぎ生活後半戦を楽しんで過ごそう。


来月からはオトモダチと久々の国内のんびりプチ旅行が続き、
京都へも久々に妄想夜行で足を運んでみようかなと思っています。


そしてそして

行きと帰りの飛行機の中で

星振る街角妄想ダンシング構想40%終了(爆)

歌詞がなかなか表現しやすい内容なのよ。

さて3番までどう踊ろうかな。

ご披露する日がくるかしら??




妄想は今日も続く!




posted by クッキー at 17:28| Comment(6) | 旅のつれづれ〜妄想の記憶〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ちょっくら出かけてきます。

しばらくブログ更新をご無沙汰してました。
といってもたった2週間ですが(笑)

書いている暇がないほど忙しいって程でもなかったのですが。
逆に書くネタがないほど暇って訳でもなかったのですが???

ここ最近は、自分に起きた毎日を、まずは自分自身で
きちんと感じることが大事というか。

文章に改めて書く必要性を感じないというかなんというか。


そんなこんなの今日この頃。


さて。

今日の夜からちょっくら「お父さん」の陣中見舞いへ出かけてきます。

今朝は朝の五時まで夜勤して、普通に仕事に出勤中。
なんだかすでに頭が朦朧としてきています(汗)

仕事が終わったらまっすぐ空港に向かいますが、
最終的目的地到着まで、飛行機&電車の乗り継ぎなどを含めて
丸々24時間以上。

現地に到着しているころにはぐったりしていると思われます。

そして帰国後も翌朝普通に仕事して、また朝まで夜勤です。
週末は多分猛暑?のフリマ参戦予定。

果たして体が持つだろうか??いや。持たせなければ〜!!


荷造りだけはとっととやったものの、月曜日にガイドブックをやっと買い、
親には行先(国名のみ)を今朝伝えるありさま。

てか。今朝になってやっと

「ところで一体どこへいくのさ?」って

聞いてくる有様ですからお互い様です。


そうえいば7日は七夕の満月でしたね。
結局満月は見逃してしまいました。残念。


でもいいの。

これから砂漠の彦星に会えるから♪(妄想)


やばい。
これを書いていたら、突然頭の中に

「星振る街角」
が鳴り響いてきた。

かど かど かど かど 曲がりかど

ウオンチュ〜♪


あっつ、これ「次回作」として妄想できそう(爆)

飛行機の中でイメージをはりめぐらせましょ♪

たしか敏いとうとハッピー&ブルーだったよね?


そんな訳で本日は北ウイング(羽田空港)より旅立ちます。

ラブ・イズ・ザ・ミステリー 


それではバイなら♪(←古すぎてドン引き・・・)


意味不明文で申しわけありませんが、寝不足の為お許しを!
posted by クッキー at 16:40| Comment(6) | 旅のつれづれ〜妄想の記憶〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。