2009年11月11日

〜妄想旅の記憶〜ハローアゲイン・ブダぺスト

先日木村佳乃ナビゲートのウイーンの特番をテレビでちらっと見ました。

ウィーンは世界で一番くらしやすい町らしいですが、
ウィーンといえば、あのエリザベート。

そしてエリザベートゆかりのブダペストも、ウィーンに負けず素敵な町。

でも毎日オペラをリーズナブルなお値段で、しかも毎日
違うプログラムを鑑賞できるのは素敵。

そのうち再び訪れる日がきたら、今度はブダペストから
ウィーンまで列車の旅をしてみたい。
途中スロヴァキアとかにも途中下車したりして。

ああ。やっぱり冬旅は私の妄想の活力源。


そして日記は再び、旅の記憶

2009年1月6日

モロッコから再びハンガリー。ブダペストの町に戻る。

空港から地下鉄で町に戻るとき、トホホキセル事件?勃発もあったけど。

まずは大きなスーツケースをネプリゲートのバスターミナルに預けて。

身軽になったところで、まずは中央市場。

いわば古きよきブダペストの市民の台所。
一階は果物や野菜などのいわゆる市場になっていて、
二階にはハンガリー土産や地元料理のイートインコーナーもあり。

市場の中は色鮮やかな野菜や果物が並んでいます。
もっと長くいられたなら、こうしたところで買い物して
プチ料理も楽しめたかなあ?


090106_2038481.jpg

ちょうどお昼の時間になっていたので、二階のレストランコーナーで。
ロールキャベツとピラフのようなものをオーダーしたけど、
上にかけられたサワーソースの酸味が結構強くて、
さすがに私も最後まで完食ならず(泣き)



090106_2054131.jpg


このお店は割りと広めでテーブルも普通にゆったりでしたが、
他の地元料理のお店はほんとうに屋台のおでんやさんチックで、
いまいちそこに入り込んで食べる勇気がなかった。
でもそっちのほうが、やっぱりおいしそうなメニューが沢山ありました。
次はチャレンジだ!

市場の外にでて、付近を歩く。

緑の牛

090106_2139441.jpg


090106_2149021.jpg


そしてこの日の夜でブダペストとは本当に最後。

夜には夜行バスでチェコ・プラハへ向う。

やっぱり最後は大好きな場所を全てめぐって、
最後にそれぞれの場所にお礼を言いたい(妄想)


イシュトバーン大聖堂

いつも心静かになりたいときにいつも受け入れてくれた場所
たとえ周りがざわめきに沸き立っていても、
ただ椅子に座りたたずむだけで、心の中にいつも静けさを与えてくれた。

ありがとう

090107_0103151.jpg


そして英雄広場

最初にこの町を訪ねたときに道標となった場所。

夜のライトアップはこの日がはじめて。

かつてマゼンダ色の中に輝いた大天使ガブリエルの像。
なんと神秘的なのだろう。

この日は神秘的なディープマジェンダの中に透明な輝きを
はなっていた。

また、迷ったら。

道標となってください。

目指す方向を標してください。


090107_0127511.jpg

ああ

なんどみても美しい。

できたらずーっとここにいたい。

押し迫る出発の時間と寒さ。





090107_0129021.jpg


090107_0129181.jpg


090107_0130501.jpg


090107_0131361.jpg


でも大丈夫

またここに来る事ができるわ。


ありがとう


そして最後に向う場所は・・・・


ドナウ川とくさり橋。



posted by クッキー at 17:33| ローマ | 旅のつれづれ〜妄想の記憶〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の中の赤い宝石

11月10日のフレディ


ルビーの木のちょっと先の木の葉っぱたちも
今年は珍しく赤く紅葉しています。

わかりづらいけど、緑の葉っぱたちの中に赤い星。
ルビーの木よりももっと深い赤。


091110_0932381.jpg


そして今日は11月11日

2009年の数字を足すと11。そして月も11、日も11。

ちなみに11という単位で足すと33。これはマスター数でこれいじょうは分解しない。
ちなみに私の運命数も33です。

オーラソーマボトルの33番は自由を愛するドルフィンのボトル。

そして11という数字もたしかマスター。
11番ボトルはかわいいピンクとクリアの花の鎖。無条件の愛を表す。

そして11という数字を1づつ足していくと6になり、
6番のボトルはまさに赤のエナジーボトル!
地上を表し、炎や情熱のイメージ。


まるでフレディ達の葉っぱもこんなイメージ。

たまたま同じ数字の並ぶ日や、ゴロが面白い数字の日は、
こうして数字遊びとかボトルで色遊びしてみると面白い。

もっと知識があれば深いところまで探れるのだろうけど。


そしてこんな今日は雨のフレディ達。

雨にぬれる赤い葉っぱたちはよりいっそう美しくみえます。



091111_0922071.jpg


アスファルトにも赤い葉っぱがおちていて、それはとても深い赤を
していました。


091111_0922251.jpg


フレディ達が赤く染まることはもしかしたらないのかもしれないけど。

ちょっとくすみがちな葉っぱの色も、雨の中ではしずくを受けて輝いてみえる。

でも本当は

太陽の光の下でも
雨のしずくにぬれていても
月夜の下でゆれていても

葉っぱたちの美しさや生命力はかわないのだろう

考えてみたら

「美しい」ということさえ、人間が作り出した概念だ

091111_0922411.jpg


月曜日は久々にお酒が入り、おしゃべりデトックスもできて。

ほろ酔い気分でコピーされたボトルから勢いで選んでも、
やっぱり色は気持を、その時その時を見事に反映している。

そして今日は雨の中、好きな香りの石けんを買いにいく。

無事に届きますように。


posted by クッキー at 16:54| ローマ | フレディ日記〜葉っぱたちと心の言葉〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。