2008年10月09日

宮廷画家ゴヤは見たを見た

夏以降映画熱が低下し?

ハムナプトラ3
ダークナイト
スピードレーサー

夏の話題作は珍しく全てスルー!

ここ最近は月に1〜2回のこれもまたーりペースです。

そんな中久々のレディースデー

宮廷画家ゴヤは見た を見てきました。

ナタリーポートマンが出ているというだけで
これも予習なしでしたが・・・

久々の心に残る佳作!!

結構内容は暗いです。
ゴヤの画家としての彼自身の生涯というよりも、
彼の描いた肖像画のモデルとなった一人の堕落した神父と、
ささいな行動で、真実をやみに封じられてしまった一人の
純真無垢な少女の間にうまれたゆがんだ愛とその結末を、
ゴヤ自身が彼らの人生と深く浅くかかわり、その証人と
なる事で彼自身の秘めた愛がたくみに描かれています。
そしてそこに深く絡んでくる時代と信仰そして改革の波・・・


舞台は18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン。
ちょうどフランス革命でルイ国王がギロチンにかけたれ、
やがてナポレオンが自由と開放を旗印にし、
その名のもとでヨーロッパ各地へその勢力を伸ばし始めた頃。

宝塚のベルバラやエルアルコンやエリザベス女王のキーワードで
描かれるあの波乱の時代です。

物語は深すぎてここではうまく書けませんが
とにかく深く重く悲しく切なく。
でもどこか淡々としているイメージを受けたのは
多分ゴヤという主人公を介していたからかもしれません。
これが、ロレンソ神父やイネスのどちらかに傾いて描かれて
いたら又違う印象になったと思う。

それにしても。
「ノーカントリー」でも衝撃だったけど、ロレンソ神父役の
ハビエル・バルデム。恐るべし存在感。

そしてナタリー・ポートマン。
異端審問にかけられ15年間という長い間牢獄に閉じ込められ
やがてナポレオンのスペイン介入によりその制度から開放されて
牢獄から一人家族の待っているだろうかつての我が家へ向かう
姿。かなりの衝撃でした。
特殊メイクとはいえあそこまでできるものかと。びっくりした。

次の彼女の作品はエリザベス1世を生んだアン王妃の物語。
「ブーリン家の姉妹」これももれなくコスチュームもの!
楽しみです。


そして今回の映画を通じて感じたことは
その時に他人から与えられた屈辱や痛み恐怖や失望。
それはきっとはかりしれないもの。

でも奇しくもそれがそのあとの人生を生きながらえる
結果につながり、そして目には目を。歯には歯を。
人に対して自分があたえた屈辱や痛みや恐怖や失望は
やがて自分にどんな形でも返ってくるということ。

最後、まさか自分の両親が目の前の群集の中にいるとは知らず
高らかに笑いながらそれを見ている、娘のアリシア。
彼女はそのあとどんな道をたどったのでしょう。

そしてゴヤとイネスは・・・・・


最後のエンドロールでゴヤの作品がいくつも映し出されます。
普通の肖像画もあれば、かなりグロテスクな風刺的な作品も。

あらためた絵画の奥にあるその歴史と画家の思想や思いなど。
深いものがあるんだなと。
12月の旅行では美術館をゆっくり巡ってみようかな。

妄想アートにふさわしい映画作品でした。








posted by クッキー at 16:07| Comment(3) | TrackBack(1) | 妄想映画&アート鑑賞レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮廷画家ゴヤは見た

最近珍しくCM見て観たい!って思った映画
クッキーさんの感想読んで更に観たくなったょ!

レディースデイのレイトショーとかで行ってみようかな♪

あと、邦画好きなぅちはおくりびとも気になるんだけどね( *´艸`)クスクス
Posted by みぃた at 2008年10月09日 17:06
みぃた様★

あいにくMOVIXではやっていないみたいだけど、機会があったら是非〜!

Posted by クッキー at 2008年10月10日 17:08
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
xkKz6KKr
Posted by hikaku at 2009年06月27日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「宮廷画家ゴヤは見た」
Excerpt: 原題:GOYA'S GHOSTS この邦題は思わず、"家政婦は見た"みたいな連想をしてしまうけど、ゴヤ自身は聴力を失うことになるからピッタリかもしれない〜時代の変転と醜聞な物語〜..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-10-13 12:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。